2280

保険会社から早々に治療を打ち切られる理由とは?

むちうち・後遺症でお悩みなら浦和Tiara整骨院


交通事故治療なら浦和Tiara整骨院


交通事故治療の3つの約束


交通事故治療を受けられた患者様の声


交通事故治療を総合サポートできる浦和Tiara整骨院


交通事故治療なら整骨院へご相談ください

交通事故の被害に遭って怪我をしてしまったときには、その治療で加害者が加入をしている保険会社が費用の支払いをしてくれることがあります。どの程度の割合なのかは、過失の割合によるので、ケースバイケースですが、被害者の経済的負担は減らせます。

 

治療は、普通の怪我ならば完治するまで入院したり、通院したりするものですが、交通事故の場合には保険会社から治療の打ち切りを通告されることがあります。これはなぜなのかというと、これ以上の治療費を保険会社が出したくないので、もうこれ以上怪我の状態が良くなることはない、ということで打ち切りの判断としてくるのです。治療をしてもこれ以上良くなることはないという状態を症状固定と言います。

 

では、保険会社はどのような根拠を持って、症状固定であるという考えを持つのかというと、DMK136という保険業界のルールに従っているのです。Dは打撲、Mはむちうち、Kは骨折を意味して、その後の数字は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月という期間が対応しています。つまりむちうちであれば1ヶ月もすれば症状固定するというわけです。
でも、症状がまだ残っているならば、そのことを保険会社に伝えなければいけません。

 

それから、DMK136のように期間で区切るのではなく通院頻度で判断されることもあります。回数が少なければ客観的にもう治ったと判断されてもしかたありません。しかし、本当に治ったから通院していないこともありますが、忙しくて通院する暇がないということもあります。そのようなことにならないよう、なるべく通院だけはしておくほうがよいでしょう。

 

そして、症状がどうなっているのかということではなく、保険会社との関係性で話がこじれることがあります。とにかく治療費をよこせと、保険会社にゴネると、担当者が打ち切りの判断を早めてしまうことがあるのです。通院をして検査で症状がどうなっているのか調べて、書類などにまとめることで交渉はうまくいくのです。

 

さいたま市の浦和にあるTiara整骨院では、保険会社との話もしてくれるので、円滑に治療を終わらせたいのであれば、頼ってみるのもいいでしょう。

交通事故のトラブルなら専門弁護士がバックアップいたします!

弁護士相談で慰謝料増額も可能


交通事故弁護士におまかせください


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


交通事故治療なら整骨院へご相談ください


交通事故治療は浦和Tiara整骨院におまかせください。